雑食日誌

PythonとJS。ときどきチーム開発

独学プログラマーを読んでみた

この本を買ったきっかけ

きっかけは第一章を本屋で読んだことでした。私は現在未経験からプログラマーを目指している一員です。プログラミングの勉強を初めて一年くらいがたち、本格的にプログラマーへの転職を考えていました。

そんな中で目にした本書のイントロダクションは印象的でした。特に著者がモチベーションを維持するためのテクニックは衝撃的で、全く思いつかない上に真似できません。未経験からプロになるために必要なことがわかると思い、購入しました。

概要

本書は六部構成になっており、プログラミングの基本から、各ツールの使い方など広く浅い内容であると思います。

本書の対象者

本書はプログラミング経験のない方をメインターゲットとしています。そのため、普段からガリガリ書いているプログラマーの方には少し物足りないかもしれないです。

良かったところ

各章にチャレンジ問題がある

読んだあとにどのくらい身についてるかをチェックできるので助かります。

日本語版の注釈

実際にコードを書くときに日本語を扱う上でのギャップはなく、原著のように読むことができました。 また、各詳細サイトも日本語版のリンクが添付してあり、参考になりました。

データ構造・アルゴリズム

プログラミングの入門本ではあまり触れられない内容に見えますが、本書では紹介されています。 この本で学ぶというようりも、課題の一つとして認識するためという印象です。

Part5

いざ言語の文法や使い方を覚えた状態から"仕事"にするまでに何が必要か書いてあります。 紹介されているのは欧米流ですが、参考になることはとても多いです。

総評

もっと早く手に取れたら良かったです。Pythonの入門本というよりもプログラマーの入門本だと思っています。 これからプログラマーへの道を考えている人にはおすすめの一冊です。

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで