雑食日誌

PythonとJS。ときどきチーム開発

3度目の殺人

是枝さん

3度目の殺人を観に行きました。
是枝監督の作品はかなり好みで、前回の「海よりもまだ深く」は映画館に2回足を運びました。
阿部ちゃんが好きということもありますが、登場人物が今までの自分を乗り越えていく姿は胸熱です。
そして父になる」も良いですね。
リリーフランキー福山雅治という最高に父にしたい二人です。

 

以下ネタバレ注意

人物について

役所広司演じる三隅が殺人犯、福山雅治演じる重盛が弁護士で、被害者遺族である咲江ちゃんを広瀬すずが演じています。
重盛は法廷で勝つために真実は必要ないし、分かり得ないという弁護士です。
しかし、三隅の弁護をしていくうちに今回の事件については真実を知りたいという気持ちに駆られていきます。

対する三隅は重盛と面会を重ねるたびに証言を変え、三隅含めた弁護士達を困らせてしまいます。
過去に殺人の前科があり、死刑確実と言われていた状態から当時の裁判長だった重盛父に守られた経緯があります。
そのためか重盛父に感謝し、尊敬している描写がいくつかありました。

咲江ちゃんは被害者遺族ですが三隅と交流があり、仲の良さが見え隠れします。

感想

真実とはなんであろうかと葛藤させられました。
最後に重盛が三隅をただの器としたことから、誰かの意思が三隅を動かしていたのでしょう。
三隅は咲江ちゃんを守ろうとしたのか、咲江ちゃんや社員の方々の理不尽さを裁きたかったのか。
なぜ重盛父に咲江ちゃんと遊んだことを娘として伝えたのか。
三隅はどこで重盛の娘のことを知ったのか。
なぜ重盛父はなぜ三隅を生かしたことを後悔しているのでしょうか。
私には見えないことだらけですね。

ただ、三隅は咲江ちゃんの真実を露見させないために無実を主張し、重盛はそのことに気づいていたのかなとは考えます。

裁判長が評価やスケジュールから裁判を続行させ、最後には死刑を下したことは死刑制度について考えさせられますね。
端から見ると評価を下げたくないから殺したように見えます。
その環境に入ると疑問を持てなくなってしまうんですかね。

暗示が多く難しいですがとても面白かったです。
誰かと話たくなる映画でした。